オーケストラ・イベント

クラシックでお金と夢を追う企画案【関西メンバー募集】

クラシックでお金と夢を追う企画案 「メンバー募集について」
ノア

Googleスライドで同じ資料を展開しています。内容は同じですので、読みやすい方からどうぞ!

クラシックでお金と夢を追う企画案

本プロジェクトの「理念」:全ての若手演奏家がお金と夢を追えるエンターテイメントを。 クラシック音楽≒「知らない」≒「毛嫌い」 はクラシック音楽に全く関わったことがない初心者です。 だからこそ、疑問が湧いてきました。 音大を出て、さらに努力を重ねてプロになっても、オケでは会社員ほどの給料。 なぜか? クラシック音楽≒「知らない」≒「毛嫌い」 この環境を根本から崩し、もっとファンを増やす方法があるはず。 そんな想いからプロジェクトを立ち上げました。
提案者:マーケティングチームの紹介 プロフィール 業のWebサイトやYoutubeなど「SEO」「VSEO」を中心にマーケターとして、とある会社に勤めています。 そんな中、クラシックファンなら誰もが知っているホールのデジタルマーケティングを担当することになりました。 初めて聞いたクラシック音楽に感動を覚えた反面、業界の厳しい状況も知りました。あまりにも知られていない「音楽」であることが原因だと理解し、改善するプログラムを構築中。 ■実績一部 ・世界トップレベル 自転車メーカーのYouTubeコンサル ・京都市事業 Webサイト制作、運営 ・大手通信会社系列の新電力会社 Webサイト制作、コンサル
問題点.1 日本人はクラシック音楽を知らない 「知らない」と「毛嫌い」という感情。 実は非常に似ていると思うんです。 日本人のほとんどがクラシック音楽を知らない。 だから、 日本人のほとんどがクラシック音楽を毛嫌いする。 毛嫌いまで行かなくとも、 苦手意識を持っている方がほとんどです。 しかも、若い世代になればなるほど苦手意識が強い。 だからこそ「知らない」を克服する。
問題点.2 お金が回らないビジネススキーム クラシック音楽の収益はチケット代がほとんど。 しかもキャパは1000〜2000人。 だから日本ではプロでも収入が低い。 なぜチケット代だけにこだわり続けているのか? スポーツなら放映料、 YouTuberならスパチャや広告費、 アイドルならグッズやイベント、 ではクラシック音楽に合ったマーケットは? リスクを下げ、 演奏者もファンも満足するコンテンツ案が必要。
問題点.3 コミュニティが閉鎖的 業界を成長させるためにできることは? 演奏者が腕を磨き、よりよい音楽を発信する。 現在の日本のクラシック音楽そのものです。 でも、それだけでいいのでしょうか? アイドルはバラエティー番組に出演し、 芸人はYouTubeを開設し、 YouTuberはTikTokやテレビにも挑戦している。 クラシック音楽だけがその枠の中でとどまり、 はみ出すとファンから避難されることだってある。
これはNG!よくある戦略ミス

1.本番の演奏を配信
オフライン(現地)に演奏を見に来る方が減少。
 より集客が困難になるケースが想定できます。

2.オリジナルグッズの販売
クラシック業界のように顧客が一定であれば、在庫リスクが高すぎる。在 庫リスクを回避するために発注数を下げてしまうと、一つ当たりの単価が 高くなってしまう。

3.著名人・インフルエンサーを呼ぶ
ゲストに呼ぶ著名人のランクによって集客が左右される。
 コストもかかるし、クラシック音楽の新規ファン獲得にならない。

解決案 - クラシック音楽を「知らない」を「足」で変える - 概要 やりたくない・恥ずかしい・プライドは横に置いて、 ファンと双方向のコミュニケーションを取り続ける。 STEP 1.賛同してもらえる演奏家を集め、新しいオーケストラを作る 2.営業×コミュニケーション=拡散できるファンを作る  └ひたすら「路上ライブ」  └「拡散されてから」SNSで発信 & コミュニケーション  └管理者も「足」を使った営業 3.新しいマーケティング戦略を展開  └ 後ほど詳しく解説 4.お金を回す(重要!)  └ メンバーや関係者にも還元できる環境を作る
実際のスキームを図で解説。アンサンブルメンバーを中心に収益化モデル。
マネタイズ ポイント クラウドファンディング イベント公演 NFT 配信 YouTube(メンバー) YouTube(チーム) 企業案件 本番公演はもちろん、メンバーの活動、練習にも報酬が払えるシステムを構築することが目的。 チーム立ち上げ時はそこまで多くの報酬をお支払いできないことも推測できますが、 同じく乗り越えてくださったメンバーはチームの中核をになっていただきます。
マーケティング戦略詳細 セクションタイトル
プログラムに所属するメンバーの方向性 「応援"シロ"」シロ=余白を作る。 完璧なパフォーマンスで近づき難いよりも、 あなたのことを好きになってもらい、 応援してもらうことで、 強いファンになってもらう。 目標を明確にし、 現在値を常に伝える。 ファンと一緒に目標まで進んでいける、 そんなチームを目指します。
ただのアイドルではない 音楽のクオリティーを追求 完璧なパフォーマンスは求めません。 でも、 人の足を止めることができる・感動させられる。 そんな演奏は必須です。 コミュニケーションを重視する戦略なので、 あなたのキャラクターだって重要です。 「高品質な演奏+魅力的なキャラクター」 こんなメンバーがそろった、 唯一のアンサンブルチームを目指します。
「足」でつながる 最初はとことん路上ライブ 世間のほどんどは「発信」にこだわります。 それでは双方向のコミュニケーションになりません。 近い距離で、 生の音で、 本当の熱量で、 あなたを好きになってもらう。 そのための路上ライブです。 オフラインの路上ライブを徹底的にやりきれば、 拡散され、発信を聞いてもらえるようになります。 根性論ではなく、戦略として最大の近道といえます。
各メンバーが インフルエンサーに 路上ライブを中心に活動しますが、 SNS上でもコミュニケーションをとる。 そうすることで、 徐々に発信を聞いてもらえるようになります。 目標は、 メンバー全員が音楽を通してインフルエンサーに。 そのためにオケ全体で協力しますし、 マーケターとして、 一人一人に全力で向き合います。
路上ライブはもちろん 練習・ゲネプロを配信 必ず練習やゲネプロは行う、 本番公演の予定が合わないファンもいる、 チケット代のハードルが高いファンもいる、 でもファンと深くつながりたい・満足してもらいたい。 だから、 飾らず、普段の練習や活動を配信し、 コミュニケーションを取ります。 コストがほぼかからない。 ファンが喜ぶ。 練習に緊張感が持てる。 こんな最高なコンテンツが、 クラシック業界では取り入れられていない。
クラウドファンディングで マイナスを出さない公演 一定の人気が出るまで、 チケットの売れ残りというリスクが付き纏います。 だからこそ、 クラウドファンディングのリターンをチケットに。 あらかじめ売れる枚数が予測できる上に、 ファンの「応援したい」という気持ちにも寄り添えます。 VIP用の高いリターンも用意することで、 一般チケットを安く販売することも可能です。
演奏をNFTで販売 もしくはクラウドファンディングの高額リターン メンバーとファンで作り上げた演奏。 ファンの所有欲を満たすこと、 そして、 VIP戦略として、NFTで販売します。 一人のファンに販売することはフェアじゃない? いや、 こういう大きな金額を投資してくれるファンのおかげで、 チケット代を安くすることができる。 チケットが買えないファンを、 ひとりでも救います。
クラシック業界を変えるチームに、あなたの力を貸してください 全ての若手演奏家がお金と夢を追えるエンターテイメントを :路上ライブを中心に双方向のコミュニケーション+お金を生み出すコンテンツ戦略 :チケット代だけではないさまざまなコンテンツからの報酬と知名度 :賛同してくれるアンサンブルメンバーを集める
メンバー参加条件 ・同じ目的と理念を持ってチームに参加できる  └ 目的と理念は変わりませんが、達成のために方法を変える相談もします。 ・本チームでの活動に積極的に参加できる ・クラシック以外の音楽を演奏することに抵抗を持たない  └ 新規ファン獲得のために、トレンド曲、企画にも挑戦します ・インフルエンサーを目指す ・SNSや動画で自分の活動をアピールできる  └ 立ち上げ方や伸ばし方は本プログラムがサポートします ・音大生、もしくは卒業生で一定の演奏スキルがある ・大阪に集まれる方  └ 関西での活動がメインとなります ・20〜35歳まで。(あくまで目安ですので、マストではありません) ・代表の最終ジャッジに対立せず、派閥を作らず、チームの健康状態を尊重する  └ もちろん意見はOK!目的を達成するために力を貸してください!
報酬と制度 ・チケット代の利益をメンバーに分配  └チケット売上 ー 公演にかかる費用 ー 運営費 = メンバーで分配  └分配できる利益を生むために、クラウドファンディング等もスタッフが対応します ・NFT(演奏の所有権販売)の利益をメンバーに分配  └NFT売上 ー 販売にかかる費用 ー 運営費 = メンバーで分配  └準備が整い次第の開始です ・配信(練習)の利益をメンバーに分配  └配信の売上 ー 配信にかかる費用 ー 運営費 = メンバーで分配 ・企業案件の利益をメンバーに分配  └案件の売上 ー 対応にかかる費用 ー 運営費 = メンバーで分配  └!企業案件を個人で行うことはNGとさせてください!    ※チームを通さず行うことで、さまざまな障壁が生まれます。ご理解、ご協力のほどお願いいたします。 ・個人で活動するYouTubeなどSNSの広告収入は全て自分の収入でOK  └伸びるように最大限バックアップします!  └チームメンバーであることも、最大限アピールお願いします!   ※チーム全体で活動するYouTubeなどの広告費は運営費とし、イベントなどに補填いたします。
チーム参加までの流れ ①お問い合わせ(メール or コンタクトフォーム)いただく ②オンラインで面談  └カジュアルな服装でOK!お互いを知る機会とお考えください ③両者の合意で仮入団 ④その他、メンバーと顔合わせ。指定した楽曲を演奏していただきます。 ⑤本入団
詳細情報と連絡先

ご確認いただき、ありがとうございました!

もしご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、お問い合わせからご連絡いただけると幸いです。

https://orchestra-enjoy.com/contact/