オーケストラ・イベント

大阪フィルハーモニー交響楽団を紹介・応援【オーケストラ】

大阪フィルハーモニー交響楽団を紹介・応援【オーケストラ】

大阪フィルハーモニー交響楽団とは?

大阪フィルハーモニー交響楽団(おおさかフィルハーモニーこうきょうがくだん、Osaka Philharmonic Orchestra)は、大阪市西成区岸里に本拠地(大阪フィルハーモニー会館)を置く、日本を代表するオーケストラのひとつ。

著者:ひま人

クラシックコンサートはもちろん、「大阪クラシック」など、面白いイベントにも参加されてますね。

ちなみに日本オーケストラ連盟の正会員。

公益社団法人大阪フィルハーモニー協会が編成し、事業として運営されてます。

もっと知る:日本オーケストラ連盟とは?

日本オーケストラ連盟(にほんオーケストラれんめい、Japan Federation of Symphony Orchestras)とは、日本のオーケストラの活動を支援し、オーケストラの地位向上を図ることを目的とした日本のオーケストラの団体連合です。

1952年に、日本交響楽団連盟(1935年設立)と日本交響楽団連合(1947年設立)が合併して設立されました。現在、全国のオーケストラ約100団体を会員としています。

著者:ひま人

ざくっとまとめると、日本のオーケストラがもっと活動しやすいように支えてくれているチームってことじゃないかな。

もっと知る:公益社団法人大阪フィルハーモニー協会とは?

公益社団法人大阪フィルハーモニー協会は、大阪市に本拠を置く、大阪フィルハーモニー交響楽団を運営する団体です。1947年に創立され、現在は約100名の団員が在籍しています。

大阪フィルハーモニー協会の主な活動は、大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏活動の支援です。具体的には、定期演奏会、特別演奏会、学校公演、アウトリーチ活動、海外公演などの開催を支援しています。また、大阪フィルハーモニー交響楽団の楽団員の教育・研修も支援しています。

大阪フィルハーモニー協会は、大阪フィルハーモニー交響楽団の活動を支え、大阪の音楽文化の発展に貢献しているといえます。

著者:ひま人

要は運営会社ってことですね!

大阪フィルハーモニー交響楽団のざっくりした流れ

大阪フィルハーモニー交響楽団は、1947年に朝比奈隆を中心に「関西交響楽団」として創立されました。1960年「大阪フィルハーモニー交響楽団」に改称されたそうです。創立から2001年までの55年間、朝比奈隆が音楽総監督・常任指揮者を務められていて、大阪フィルは個性と魅力溢れるオーケストラとして親しまれてきました。

現在では、尾高忠明が音楽監督を務められています。尾高氏のもと、大阪フィルは新たな一歩を踏み出しています。大阪フィルの伝統を守りながら、同時に新しい音楽を取り入れ、大阪フィルを世界に通用するオーケストラに成長させているとも言えるのではないでしょうか。

大阪フィルは、年間10回の定期演奏会のほか、ホールコンサート、学校公演、アウトリーチ活動など、幅広い活動を行っています。また、近年は、海外公演も積極的に行っているようですね。

著者:ひま人

これを書いている今は2023年なので、大阪フィルハーモニー交響楽団は76歳!歴史あるぅー!!

大阪フィルハーモニー交響楽団ってどんなオーケストラ?

まずは、大阪フィルハーモニー交響楽団の詳細情報です。

大阪フィルハーモニー交響楽団は、絶えず進化する音楽性により、日本だけでなく世界からも高い評価を得ています。

クラシック音楽の名作はもちろん、新作や現代音楽も積極的に取り入れいています。まさに音楽の新しい可能性を探求し続けているといえますよね。

また、音楽教育への関わりも大阪フィルハーモニー交響楽団の特徴の一つです。

著者:ひま人

公演だけでなく、地域社会での音楽教育プログラムにも力を入れているそうです。

子供向けのコンサート学校でのワークショップなど、次世代へ音楽の素晴らしさを伝え、音楽業界全体の育成を目指しているともいえます。

演奏はもちろん、音楽を通して社会活動を行なっているオーケストラといえる大阪フィルハーモニー交響楽団。ご存知の方やファンも多いと思いますが、これで興味を持たれた方はぜひ見に行って見てくださいね!

大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏

著者:ひま人

やっぱり演奏も聞きたいですよね!最後に大阪フィルの演奏もご紹介しておきますね。

https://youtu.be/2_8fgfMGP2k